« パソコンの冷却、その後 (おさらい) | トップページ | パソコンの冷却、その後 (マザーボードを冷却せよ) »

2010/09/15

パソコンの冷却、その後 (ビデオカードの排熱処理)

 前回ある程度まとまったと思われたケースファンの構成だったが、意外なところで覆されることになった。

 それは、『 ビデオカードからの排熱 』 だった。

 

 内部の空気の流れを確認するために、パソコンケースのサイドパネルを外して手をかざしたところ、予想していなかった方向から暖かい風が手に当たるのを感じた。

 調べるとすぐに温風の出所がわかった。ビデオカードだ。

 下の写真は、私の使っているビデオカードのモノだ。ヒートシンクに送風するためのファンが、中央に付いている。

R9proevideo
(クリックで拡大)

ファンから送られた空気は四方八方に流され、かなりの量の温風が、パソコンの排気方向とは反対の、パソコン前方へと送られる。

R9proe02
(クリックで拡大)

ここから先は、あくまで推測なのだが、パソコンケース内の空気の流れに乗って、ビデオカードから出た温風が、上の図のオレンジの矢印のように CPU ファンのほうに回る。その結果、CPU の温度が期待したほどは下がらないのではないか。

 そこで、手作りでビデオカードから排出される温風を、CPU に当たらないように後部排気ファンまで誘導するためのカバーを作った。下の写真がそれだ。

R9proevideo_cover01 (クリックで拡大)
R9proevideo_cover02 (クリックで拡大)

ティッシュの空き箱で作ったのは、大きさ的にちょうどよかったのと、加工がしやすかったこと、通電性がないこと、などが理由だ。

 この 『ビデオカード カバー』 をかぶせてやると、ケース前方へ排出されていた温風が、手をかざしても感じられなくなった。私の予想では、ビデオカードから排出される温風の流れは、下の図のようになっているはずだった。

R9proe03
(クリックで拡大)

 実際にこの状態でパソコンを稼働させていると、確かに CPU の温度が下がった。

    CPU 温度: 45℃ ~ 46℃
    ビデオカード温度: 48℃ ~ 50℃
    マザーボード温度: 42℃ ~ 43℃
    ハードディスク: 37℃ ~ 38℃

前回のデータと比べると、CPU の温度が -2℃ 程度下がった。

 ただ、マザーボードの温度、具体的にはマザーボード上のチップセットの温度が1~2℃上がってしまった。

 どうやら、ビデオカードにカバーをかぶせてしまったため、ビデオカードのすぐ近くに配置しているチップセットに、それまで以上にビデオカードの温排気が当たるようになってしまったようだ。

 次は、マザーボードの冷却強化を行う必要になった。(次回に続く)

|
|

« パソコンの冷却、その後 (おさらい) | トップページ | パソコンの冷却、その後 (マザーボードを冷却せよ) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/49428500

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの冷却、その後 (ビデオカードの排熱処理):

« パソコンの冷却、その後 (おさらい) | トップページ | パソコンの冷却、その後 (マザーボードを冷却せよ) »