« SSD のディスク デフラグ (私の場合) | トップページ | 知らぬが仏、知ってガクブル (前編) »

2010/11/15

エラー: Event ID 4107 CAPI2

 以前にハードディスクの突然死に遭遇してから、頻繁に “イベント ビューアー” でシステムのエラーが発生してしていないかを確認する癖が付いた。最低でも1日に1回は確認するようにしている。

 タイトルに書いた

ソース: CAPI2、イベント ID: 4107

に最初に気が付いたのは7月中旬のパソコンを買って間もなくだった。

 その後、7月下旬、8月中旬、9月下旬、と散発的に、このエラーが発生した。 

 ググって調べた範囲では、このエラーは 「マイクロソフトのアップデート用サーバーにおかれているファイルの署名の問題」 のためであり、無視しても構わないということだった。発生頻度も高くないことから、私も特に対応しようとは思わなかった。

 ところが、10月に入って間もなく、この エラー 4107 が毎日大量に発生するようになってしまった。

 そのうちおさまるだろうと思ってほっておいたのだが、3週間が過ぎるとさすがに気になってしょうがない。

 いくら自分のパソコンには影響がないとはいえ、常に大量のエラーが発生しているのを目にするのは、あまり気持ちのいいものじゃない。特に私はそういう細かいことが気になってしょうがない性格なのでなおさらだ。

 あらためてこのエラーについてググってみたところ、マイクロソフトから公式の修整方法が出ていた。

Event ID 4107 or Event ID 11 is logged in the Application log in Windows and in Windows Server

日本語の説明はないようだ。

 説明の下の方に書かれているフォルダー群に含まれていたファイルをすべて削除してから、念のために再起動をした。すると、それ以後、エラー 4107 が一切記録されなくなり、私は安心をしてイベント ビューアーを見ることができるようになった。

 それが10月下旬の話だ。そして、この記事を書こうと思い、再び該当のページを見てみると、この問題を簡単に修正するためのツールが用意されていた。もっと早く提供してほしかった…。
○| ̄|_

|
|

« SSD のディスク デフラグ (私の場合) | トップページ | 知らぬが仏、知ってガクブル (前編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/50004181

この記事へのトラックバック一覧です: エラー: Event ID 4107 CAPI2:

« SSD のディスク デフラグ (私の場合) | トップページ | 知らぬが仏、知ってガクブル (前編) »