« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の5件の記事

2010/12/30

ミカンの薄皮取りはクエン酸がお勧め

 冬の定番の果物と言えば、やはりミカンであろう。食後やおやつ代わりについつい皮をむいて食べてしまう。

 ただ、薄皮をそのまま食べるか、薄皮を食べずに実だけを食べるかは、悩ましい問題だ。そんな悩ましいミカンの薄皮について、少し前に興味深い内容のテレビ番組を見た。それは、

「ミカンの薄皮は、重曹で煮るときれいに溶ける」

というものだ。

 我が家にも、焦げ付き落とし用に重曹がストックされている。そこでさっそく、ミカンの房をばらして重曹で煮てみた。すると、確かに簡単に薄皮を溶かしさることができた。予想していたよりずっと早くて簡単だった。

 ただ、重曹で処理した後のミカンは、食べやすいのだが、処理していないミカンに比べて味が劣るように感じられた。そのため、2~3回実験的に処理した後は、重曹で薄皮を溶かすことはやらなくなってしまった。


 その後2週間ほどして、大量に買い置きしていたミカンが乾燥してパサついてきた、と家族に不満が出てきた。まぁ、買ってからだいぶ経つので、ミカンが痛んでくるのは致し方がない。

 そこで、煮て薄皮を処理すれば、多少のパサつきは食べられるようになるかもしれないし、痛み始めて柔らかくなったミカンも火を通すことで、もう少し日持ちするようになるだろうと考えた。

 で、作業を始めた時、何をどう勘違いしたのか、重曹ではなく 『クエン酸』 を鍋の中の水に投入していたのだ。

 我が家では、重曹と同じ場所にクエン酸も保管している。ただ、重曹と間違ってクエン酸を取り出したのではなく、なぜかその時はクエン酸を使うものだと思い込んでいた。

 しかも、ばらばらにしたミカンの房を処理していくと、重曹と同様に薄皮が徐々に溶けてなくなっていくのだ。ただし、重曹よりも薄皮がなくなる速度が遅いため、「あれ? 前はもっと早く薄皮が取れたよな?」 と疑問に思ったところで、ようやく使うべき粉末がクエン酸ではなく、重曹だったことに気が付いた。

 とはいえ、クエン酸でもミカンの薄皮をなくすことができた。そして、クエン酸で処理したミカンの実を食べて驚いた。

 「重曹で処理したミカンよりもおいしい。もしかしたら、処理する前のミカンよりもおいしいかもしれない」

と感じたからだ。


 もともとクエン酸はかんきつ類に含まれる酸性なので、アルカリ性の重曹よりも相性がいいのかもしれない。また、今回処理したミカンは、特価品の水っぽいミカンだったことも影響したのかもしれない。

 いずれにしても、以後、我が家では、ミカンの薄皮を処理するのにクエン酸を使うようになった。

 もし、同じようにクエン酸でミカンの薄皮を処理しようと思った人のために、いくつかのコツや注意点といったものを残しておきたいと思う。


1. 量

 クエン酸の量は特に決めてはいない。私は、水 500cc に対して、クエン酸を 小さじ山盛り 1杯 ぐらいで溶液を作っている。ただし、この量が最適なのかどうかはわからない。

2. 手順

 クエン酸液を先に沸騰させてから、ばらばらにしたミカンの房をクエン酸液に投入している。ミカンを投入する際には、沸騰したクエン酸液が飛び跳ねるので、オタマなどを使って投入するのがよいだろう。

 ミカンの房の背についているフサフサした筋は、なるべくとっておいた方が、仕上がりが一定してきれいになる。

 クエン酸液から引き揚げた後は、流水で軽く流した後に、ためた水で2回ぐらいクエン酸液を洗い流すとよいだろう。クエン酸自体は食用なので食べても問題ないが、クエン酸が残っているとミカンが酸っぱくなってしまう。

3. タイミング

 クエン酸液の濃度や投入したミカンの量によって、引き上げるタイミングが変わってくるため、“何分で取り出す” というのは言いにくい。

 投入したミカンを箸やオタマなどでやさしくかき混ぜながら、ミカンの様子を観察する。

 ミカンの房の背の部分がきれいになり、両面の薄皮がほとんど透明になった頃が、ミカン引き上げのちょうど良いタイミングだ。

 その時点では、おそらくミカンの中心に位置していた房のエッジ部分は残った状態だと思う。だが、その部分も溶かし切ろうとさらに処理を続けると、おそらく実の分解のほうが先に進み、クエン酸液が 「ツブ入りジュース」 なってしまうだろう。そうなったらそうなったで、分解したツブをザルですくい取って食べることもできる。が、やはりそうなる前に、房の形を残したまま食べた方が、ミカンらしくてお勧めだ。

 多少薄皮が残っていたとしても、十分に薄くなっているため、そのまま食べることも苦にならない。エッジの部分が多少食べにくいかもしれないが、エッジ部分だけを食べ残すのも容易だ。


 あとになって調べて分かったことなのだが、みかんの缶詰工場では、塩酸を使って薄皮を溶かしているらしい。つまり、ミカンの薄皮は酸にも全然溶けるということで、クエン酸で薄皮の処理をするというのは、あながち間違いではなかったということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/12/27

今年の結露対策

 今年も窓ガラスが結露する季節となった。毎年、何かしら窓の結露対策をするのだが、いかんせん思ったような成果が得られずに終わっている。という報告を、2年前にもしている

まずは、これまでの歴史から振り返ってみる。


2010122002

 最初は、二重構造のビニールシートを、窓ガラスの内側に張った。買ったビニールシートの包み紙には、「これで結露がばっちり防げる」 ようなことが書かれてあったが、はっきり言って効果は全くなかった。

 ビニールシートなしの状態でうっすらと結露する程度の窓であれば、多少有効なのかもしれない。しかし、朝カーテンをあけれると、水滴が窓ガラスを滝のように流れ落ちるような結露に対しては、まったく効果がない。

 プチプチのようなシートも含めて、その手のビニールシートを使ってみようと考えている人は、小さいものでかまわないので、手持ちのプチプチシートで試してみてからにすることをお勧めする。


 窓ガラスに液体洗剤を現役のまま塗っておくのは、それなりに効果があった。

 ただ、結露そのものをなくすわけではないし、頻繁に液体洗剤を塗りなおさないけないのが、ひどく煩わしい。

よって、これもあまりお勧めしない。


2010122003

 次に、部屋の内側にビニールシートを張って、疑似的に2重窓にした。

 これは、ガラスに張り付けるビニールシートと違い、間に断熱層となる空気の層をはさむため、それなりに効果がある。

 ただし、この方法の一番の問題は、水滴が室内に直接落ちてきてしまうことだ。

 いくら2重窓っぽくしたといっても、完全に結露を防げるわけではない。そしてこの場合、主に結露が起こるのは、室内に張ったビニールシートの室内側だ。

 窓ガラスを垂れ落ちる水滴ならば、サッシの下部には排水のための隙間が設けられているため、結露した水が室内に入り込み事はない。

 ところが、ビニールシートを室内に張ってしまうと、ビニールシートの室内側に発生した結露は室内にたれてしまい、室外に排出されない。そのために室内の床が腐食したりカビたりしてしまった。


 夜寝ている間に、窓を少し開けておけば、確かに結露は発生しない。

 しかし、まさか寝ている部屋の窓を開けっぱなしにするわけにもいかないので、これは、夜に人がいない部屋に限られる。誰でもどこでも使える方法とは言えない。


 実は、窓ガラスの屋外側に何らかのモノがあると、結露がしにくくなることはずいぶん前からわかっていた。というのも、網戸がある側とない側では、結露の仕方がはっきりと違うのだ。なので、ずっと以前から、屋外に雨戸のようなものを設置したいと考えていた。

2010122004

 実際、窓の外に段ボールを立てかけると、その部分は明らかに結露の付き方が少なくなるのが確認できた。ただ、段ボールの大きさには限界があるため、段ボールに覆われていない上の部分にはいつも通りに大量の結露が発生してしまう。

 賃貸住宅なので、大掛かりな改修工事などしたくはない。なにかいいモノはないかと、何度かホームセンターをうろついていて、ある日、とてもいいものを見つけたのだ。

 最初は、大きなベニヤ板でも立てかけようかと思ったのだが、いかんせん重すぎる。夏場の使わない時の置き場所にも困りそうだった。次に目についたのは、発泡スチロールの板だった。これならば軽いし、持ち運びにも苦労しなさそうだった。ただ、強度の点は心配だった。簡単に折れてしまいそうだった。

 そして、その発泡スチロール板の隣で売られていたのが、私が今回採用した 『プラダン』 こと 「プラスチックダンボール」 だった。軽くて、それなりに強度もありすぐには折れなさそうだった。透過性もあるので、窓にかぶせても室内が暗くならないのも、ベニヤ板や発泡スチロール板にない利点だ。なによりも、安価なのが一番の決め手だった。1枚200~300円というのは畳1枚分の大きさとしては、破格の値段だ。

 とはいえ、全く問題がなかったわけではない。最大の問題は、どうやって家まで運ぶかということだった。自家用車を持っていない私が、畳の大きさのものを数枚、まさか自転車に乗せて運ぶわけにもいかない。

 結局通販で買うことにした。幸い、多少値段が高くなるものの、それほど違わない価格で売っているところを見つけた。

養生プラダン PD-1892Y ナチュラル

 通販で買えば、自分で運ぶことを心配することもなくなる。

 数日で家にプラダンが届いた。


2010122005

 プラダンによる雨戸もどきは、予想通りの効果を発揮してくれた。プラダンを梱包してきた巨大な段ボールを併用することで、より一層結露対策が効果的になった。

 例年であれば、朝起きると大量の結露が、最悪の場合、フローリングの濡らしていることがあった。

 それが、プラダンを屋外に設置したことで、結露はしているものの、ベランダを見ても、結露した水滴が流れ落ちてサッシのから外に排出された様子がない。つまり、水滴が窓ガラスに付着した程度で済んでいるということだ。さすがに窓に全く結露しないということは、残念ながらない。

 とはいうものの、結露した水滴を拭く作業は、大幅に軽減した。例年であれば何枚もの雑巾を用意して、結露した窓を拭いていたのだが、プラダンを設置してからは、1~2枚の雑巾で十分に結露した水滴を拭きとることができる。


 そして、プラダンを設置して気が付いたことがある。

 プラダンでいくら外気を窓ガラスに当てないようにしても、窓ガラス以上に “サッシ” が結露するのだ。

 たしかに、ガラスよりもアルミのほうが熱伝導率が桁違いに良いため、窓ガラスよりもアルミサッシのほうが、断熱の効果が出にくいということはあるだろう。

 しかし、同じアルミサッシであっても、結露しやすい部分、しにくい部分がある。結露しやすい部分は、壁や床に接している部分だ。つまり、どうやら、壁の冷気が伝わってアルミサッシが強く結露しているようなのだ。

 ここまで来ると、壁が外に露出している部分を断熱するか、さもなければ、アルミサッシを熱が伝わりにくいプラスチックサッシにする必要がある。さすがにそこまでは無理だ。

 今回プラダンによって、例年なされ続けた窓ガラスの結露を大幅に軽減できたことは、十分な成果だ。この冬は幾分快適にやり過ごすことができそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/12/13

Paragon Backup & Recovery 2010 Free Advanced の Recovery Media が USB メモリーから起動しない

 ここ数年はずっと Seagate 社が無償で提供している “Seagate DiscWizard” を使って SSD/ハードディスクのバックアップを取っている。

 この DiscWizard、性能としては申し分ないのだけれど、いかんせん無償版ということで機能が少ない。パーティションをまるまるバックアップすることしかできない。そのため、一時ファイルやスワップファイル、いつでもダウンロードできるセットアップファイルなども無条件でバックアップされてしまう。そうすると、バックアップに余計な時間がかかってしまうし、何よりも無駄にバックアップファイルのサイズが大きくなってしまう。

 かといって、これだけ高性能なバックアップソフトが無償で使えていると、高価な有償のバックアップソフトを購入するのもためらってしまう。

 そこで調べてみると、パーティションごとのバックアップでも、特定のファイルを除外する機能が付いたバックアップソフトがあることが分かった。それが、

Paragon Backup & Recovery 2010 Free Advanced

だった。

 使用するには Paragon に登録する必要があり、サポートも受けられないが、まったくの無償だ。

 以前にトラブルがあり、使うのをやめてしまった “PowerX Hard disk Manager 7” を作ったメーカーのバックアップソフトなのが気になったが、無償なので使ってみることにした。


 Paragon Backup & Recovery 2010 Free Advanced を起動後、[Tools] - [Settings...] から [Edit Settings] を呼び出す。 [Copy/Backup exclude options] 内の [Auxiliary files] オプションをオンにした。さらに、[Add category...] で "Folders" というカテゴリーを追加し、その中に、Temp フォルダーといった除外したいフォルダーを追加した。

 こうしてバックアップしたくないファイルを指定してバックアップを行ったところ、DiscWizard より時間はかかったものの、サイズの小さいバックアップファイルを作ることができた。

 ここまでは極めて順調だったのだが、一つ困った問題が出てきた。

 バックアップソフトは、SSD/ハードディスクに障害が出て、パソコンが起動できなくなった時に必要となるモノだから、単体で起動できてバックアップファイルを復元できるメディアを作れなければならない。Paragon Backup & Recovery 2010 Free Advanced も "Recovery Media Builder" で障害時の復旧用メディアが作れるようになっている。

 ところが、この Recovery Media Builder で作った起動用 USB メモリーから起動できないのだ。Recovery Media Builder では、起動用の CD/DVD も作れるので、そちらを試すと起動可能な CD-R が作れることは確認できた。インストールされている単体起動イメージが壊れているわけではなさそうなのだ。

 Recovery Media Builder のオプションを変えてみて、起動可能な CD-R Recovery Media から USB Recovery Media を作ってみたり、パソコンの BIOS をいじって、USB メモリーのタイプを変えてみたりしたのだが、USB メモリーから起動できない問題は解決できなかった。

 CD-R から Recovery ツールが起動できるので、とりあえず USB メモリーから Recovery ツールが起動できない問題はほっておいた。


 数日後、再度 USB メモリーから Recovery ツールが起動できない問題について、インターネット上を検索してみた。

 すると、問題の解決策を海外の掲示板で見つけることができた。

Recovery flash doesn't work properly (Boot Manager menu with white rectangles)

 この報告によれば、USB メモリーから Recovery ツールが起動できない問題を Paragon 自体も認識しているようで、解決用のファイルも準備されていた。

 掲示板からの解決策を私なりのアレンジしたやり方を下に示す。

  1. Paragon Backup & Recovery 2010 Free Advanced がインストールされているフォルダー内の "rmb" フォルダーのフォルダー名を、例えば "rmb.org" のように変えておく。
  2. http://ftp.paragon.eu.com/support/RMB/RecoveryMediaBuilder.zip (ファイルが削除された模様)
    rmb.TXT をダウンロードする。ダウンロードしたファイルを、"rmb.zip" に変更する。
  3. ダウンロードした圧縮ファイル内の "rmb" フォルダーをそのまま Paragon Backup & Recovery 2010 Free Advanced がインストールされているフォルダー内へ解凍する。
  4. フォルダー名を変えた古い "rmb" フォルダー内の "qtp-mt334.dll" をコピーして、新しい "rmb" フォルダー内に張り付ける。
  5. 新しい "rmb" フォルダー内の "rmb.exe" を実行すると、Recovery Media Builder が起動するので、手順に従って USB Media を作成する。

 これで、起動可能な USB メモリーが出来上がるはずだ。少なくとも私は作ることができた。

 掲示板によれば、人によっては "rmb.xml" の内容が違っているらしいが、私の場合は同一だった。上記の手順だけでうまくいかなかった人はチェックしてみるといいかもしれない。

 Paragon に問い合わせをして、解決策を投稿して、記録として残してくれた人に、感謝感謝である。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2010/12/09

Windows Xp Home を経由して印刷できない、共有フォルダにアクセスできない

 我が家では、私よりもカミさんのほうがプリンターをよく使うため、プリンターは普段カミさんのパソコンにつないでいる。そして、カミさんのパソコン上でプリンターを共有設定して、私のパソコンからは家庭内LANを使って印刷するようになっている。ちなみに、カミさんのパソコンのシステムは、いまだに “Windows Xp Home” SP3 だ。

 その日、私のパソコンから印刷しようとしたのは、本当に久しぶりだった。ずいぶん前の最後の印刷の時は、何の問題もなく印刷できていた。ところがその日は、何度印刷しようとしても、印刷待ち一覧ウィンドウには 「印刷エラー」 が表示されて、印刷できなかった。

 共有されているプリンターから印刷する場合によく使われる方法は、プリンターを共有しているパソコンのドライバーを使う方法だ。しかし、この方法には大きな欠点がある。印刷を実行するパソコン上で、正確に表示するドライバーによる印刷プレビューを見ることができないのだ。そのため、私のパソコンでは別な方法をとっている。

 私のパソコンでは、共有されているプリンターのアドレスを指定した印刷するポートを別途追加している。プリンタードライバーは自分のパソコンにインストールをして、自分のパソコンのドライバーから追加したポートに対して印刷データを送る方法をとっている。これならば、印刷直前のドライバーによる印刷プレビューを見ることができる。

 今回はこの、私のパソコン上のドライバーを使った方法で印刷しようとすると、「印刷エラー」 となってしまい印刷できなかったのだ。だが、カミさんのパソコン上のドライバーを使う印刷は正常に行えた。仕方なく、その時は、ドライバーのプレビューが使えない、カミさんのパソコンのドライバーを使った印刷で、しのいだ。


 その後、時間ができた時に印刷ができない原因を調べた。

 いろいろ調べていくうちに、カミさんのパソコンの共有フォルダーへもアクセスができないことに気が付いた。

 カミさんのパソコンの共有フォルダーを開こうとすると、

このネットワークリソースを使用するアクセス許可がない可能性があります。
アクセス許可があるかどうかこのサーバーの管理者に問い合わせてください。
このコマンドを処理するのに必要な記憶域をサーバーで確保できません。

というメッセージが表示されて、アクセスが拒否されるのだ。

 しかし、少し前までは何の問題もなくカミさんのパソコンの共有フォルダーにアクセスができた。私のパソコンでダウンロードしたドライバーやツールをコピーしていた。

 問題を解決するため、

  • 共有フォルダーのアクセス権を見直してみたり、
  • ゲストアカウントをオンにしてみたり、
  • 自分のアカウントを新規で作ってみたり、
  • ネットワーク設定ウィザードを再度実行してみたり、
  • ファイアーウォールの設定を既定値に戻してみたり、

してみたのだが、まったく変化が見られなかった。

 そこで、初心に戻って問題解決方法をググってみた。ググる際に使ったキーワードは、「必要な記憶域をサーバーで確保できません」 だ。

 すると、一発でマイクロソフトの情報が見つかった。

ウイルス対策ソフトウェアが原因でイベント ID 2011 が発生することがある

 なんと、システム内のスタックサイズの不足によるものだった。しかも、情報の更新日を見るとずいぶんと古くからある問題だった。

 あらためてカミさんのパソコンのイベントビューアを確認してみると、たしかにこの情報にあるように、『イベントID:2011』 が大量に記録されていた。

 カミさんのパソコンのレジストリを開いて、該当のレジストリキーを見ると、情報にある [IRPStackSize] は存在しなかった。そこで、あらためて [IRPStackSize] を作成した。情報によれば、既定値は 15 であり、増やす時は 3 ずつ増やすことが推奨されている。なので、私は[IRPStackSize] の値を 18 に設定をして、カミさんのパソコンを再起動した。

 はたして結果は?

 カミさんのパソコンの再起動後、私のパソコンからこれまで通りに、こちら側のドライバーを使った印刷が問題なくできるようになった。カミさんのパソコンの共有ホルダーへもアクセスできるようになり、ファイルのコピーや削除、フォルダーの作成といった一連の作業にも何の問題もなかった。


 今回のトラブルの解決にも、またもや私のこれまでの知識や経験は役に立たなかった。自分ではそれなりに経験を積んできたつもりであったが、今回もそのささやかな自信を吹き飛ばしてくれた。とはいえ、別にそれをなげいているわけではなく、新たな知識と経験の獲得を喜んでいる自分もいる。

 「私のトラブル解決の歴史がまた1ページ・・・」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/12/07

もしかしたらワインの効用?

 まだ暖かい日もあるものの、基本的には本格的に冬となってきた。

 ここ数年は、朝起きると窓ガラスが結露し始めるこの時期に、私はズボン下をはき始めていた。というのも、40代になったころから、左足の膝から足首にかけて、痛いくらいに冷たく感じるようになったからだ。左足首は、子供のころに1度の骨折と、成人してからの2~3回のひどい捻挫を経験しており、その影響が出ているのかもしれない。ちなみに、なぜか毎度階段を駆け下りる時に踏み外して、左足ばかりを痛めている。

 ところが今年は、いまだズボン下をはかずとも、それほど寒い・冷たい思いをしていない。もちろん、今年の冬は暖かい日が多いということもあろう。しかし、私がパソコンを使っている部屋は北側にあり、室内暖房はつけていない。それなのに、まだズボン下をはかずとも、辛くないのだ。

 その状態がある意味、私の期待通りであることに、私自身も驚いていたりする。というのも、今の状態を期待して、私は

    「毎晩赤ワインを飲むコップ一杯飲んでいた」

のだ。

もともと、私はお酒を飲む習慣がない。むしろ飲み会に行っても、なるべくアルコール類を飲まずに済まそうとする側だ。アルコール類が嫌いと言ってよいだろう。酔ってくると、頭痛がしてきて気分が悪くなるためだ。アルデヒドの分解酵素が、おそらく私には備わっていないのだろう。

 だが、1年ほど前に、

「フランス人は、バターやチーズといった高脂肪食品を大量に摂取するにもかかわらず、心筋梗塞といった血管が原因の病気で死亡する人の割合が、米国などに比べて低い。それは、フランス人が常時ワインを飲んでおり、特に赤ワインの成分が血管の劣化を抑えているためではないかと考えられる。」

という記事があちこちで取り上げられていた。

 私の足の冷えも、血管の調子がよくないためではないかと考えて、科学的には証明されていないこの 『赤ワインの効用』 を信じて、毎日コップ1杯の赤ワインを飲むことにしたのだ。

 そして、1年間続けたことでようやくその効果が出てきたのではないかと、私は勝手に信じている。

 ちなみに、私は楽しむために赤ワインを飲んでいるわけではないので、一番安くて、甘くて飲みやすい赤ワインを選んでいる。

 特にここ半年は、自分に一番口にあるワインを見つけて、1ケースごと定期的に配達してもらっている。それが、

メルシャン ビストロ 赤 甘口 720ML

だ。瓶入りの重たいワインを販売店からエッチラオッチラ運ばなくとも、家まで送り届けてくれるのでとても助かっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »