« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の3件の記事

2011/01/31

クッキングシート “つるりん” はおススメ

 クッキングシート “つるりん” を知ったのは、日経ビジネスの記事だった。「こんなモノがあったのか」 と驚き、クチコミサイトでの評判に一通り目を通した後、すぐに注文をした。

 私が買ったのは、『ノーマルタイプ M』

と 『孔あきタイプ』

の2枚だ。

 実は以前より、オーブンレンジでピザやケーキを焼くと、下にひいた紙のクッキングシートやさらには金属トレイに食品の底や飛び散った食材がこびりついて困っていた。もし、“つるりん” には本当に食材がこびりつかないならば、「こんなにうれしいことはない」 と思って買ったのだ。

 孔あきタイプ の方は、我が家でよく作る煮物で、落し蓋として使えるかもしれないと思い、購入した。


 “つるりん” の到着に合わせて、焼くだけのピザを買っておいた。

 “つるりん” 到着と同時に、さっそくピザを焼いてみる。

 ピザが焼きあがってビックリ! 本当にビザの底が全く “つるりん” にくっついていないのだ!! 金属トレーをすこし傾けただけで、焼きあがったピザがずり落ちてしまった。

 次に、使い込んでフッ素コートのはがれたフライパンで、豚ロースの厚切りをソテーした。フッ素コートははがれてしまったのだが、大きさと重さがちょうどよく、捨てられずにいたフライパンだ。

 油を全く引いていないにもかかわらず、肉が “つるりん” にまったくこびりつかない。表面に薄くまぶした小麦粉のコーティングもフライパンに張り付いてずるむけることもない。豚肉のソテーがこれまで見たこともないくらいきれいに焼きあがった。なにか自分の料理の腕が上がったような錯覚を覚えた。

 さらに、今年は豊漁で安いと言われるブリを照り焼きにしてみた。

 ブリが “つるりん” に全くこびりつかないのはもちろんのこと、煮詰まったタレもフライパンにこびりつくことなくブリにからみつき、きれいなブリの照り焼きが完成した。

 これほど素晴らしい “つるりん” だが、激しく撹拌する料理には使えないのが欠点だ。チャーハンにはもちろん野菜炒めにもあやしい。

 とはいえ、静かに焼いたり、ゆすったりする程度の料理には、本当に有効だ。お正月には、“つるりん” の上に切り餅を乗せて、レンジでチンして切り餅を柔らかくしていた。

 加熱しすぎると、切り餅がデロ~ンと横に広がってしまう。さすがにそうなってしまうと、お餅が “つるりん” に張り付いてしまう。しかし、箸でお餅を持ち上げると、“つるりん” 側にお餅が残ることなく、お餅をきれいにはがすことができるのだ。サランラップや紙のクッキングシートではこうはいかない。

 今度は餃子を焼いてみようかと思っている。


 孔あきタイプの “つるりん” は、予定通り煮物の落し蓋として使っている。さらに、蒸すときの敷物としても使っている。

 これまた最近の話題の一つで、低い温度の蒸気で蒸す 『低温蒸し』 を私も実践している。大ぶりの鍋の上にバーベキュー用の金網を乗せ、サイズの合うボウルをひっくり返して乗せて、蒸している。

 ただ、小さい食材だとバーベキュー用の金網の隙間から下に落ちてしまう。そんな時にこの 孔あきタイプの “つるりん” をひいて、その上に小さい食材を並べるとうまく蒸しあがる。また、魚や肉を蒸すときも、孔あきタイプの “つるりん” の上で低温蒸しすると、肉汁が過度に下に垂れ落ちないため、きれいに蒸しあがる。


 こんな感じで、我が家では2枚の “つるりん” が大活躍している。

 単なるクッキングシートとして見れば、ちょっと高いと感じるかもしれない。紙のクッキングシートがかなりの量買える値段だ。

 しかし、紙のクッキングシートに比べてはるかに高い性能で、丁寧に扱えば、かなり長い間使えることを考えると、1000円以下で買える “つるりん” はかなりおススメだと思う。

 ピザが、肉が、魚がこびりつかずに、するする移動する気持ちよさをぜひ他の人にも味わってもらいたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011/01/19

経済絶対主義

 一般的に 『市場原理主義』 や 『市場経済原理主義』 という言葉がよく使われる。それらの用語にはすでにの定義が与えられており、その言葉を聞くだけで多くの人は、それがどのようなものかおおよそイメージすることができる。

 しかし、今私が感じている 「今の日本の社会システムの違和感」 は、定義されている言葉で表現されるよりも、もっと低いレベルの話じゃないのかと思うようになってきた。

 その違和感を自分なりの言葉に置き換えたのが、この記事のタイトルにした 『経済絶対主義』 だ。経済学に関して全くの素人の私が言うことなので、何ら学術的な裏付けのある話ではない。あくまで私が私の稚拙な知識の範囲で付けた言葉でしかない。


    「今の社会は経済抜きには成立しない」

    「景気を良くすることが日本を再生する唯一の方法だ」

    「国民のために景気が良くしなければならない」

 いずれもあちこちでよく聞くセリフだ。そしてそれらのセリフは常に正しいコトとして語られる。

 果たして本当にそうなのだろうか? そもそも、今の 「経済システム」 は、なによりも重要なものなのだろうか?

 テレビも新聞も朝から晩まで 「株価が上がった・下がった」だの、「為替レートが上がった・下がった」 だのやっている。日本経済新聞やテレビ東京など、経済システムのみを扱って成り立っているメディアのようなものだ。

 はたして今、 「経済」 と呼ばれるものがそこまで肥大化している状況というのは、人が心豊かに安心して生きていくうえで正しい方向なのだろうか? というのが今の私の疑問だ。

 そういう話を、昔金融業界で働いていた妻に話すと、「経済が必要ないなんて言うのは石器時代の話。」 と鼻で笑われてしまった。確かにそうかもしれない。

 しかし、経済学や市場原理といったものが存在しない時代であっても、人は豊かに元気に暮らしていたのだ。経済と名のつくものがもっと縮小したとしても、人類が死滅するとは到底思えない。


 ところが、今のメディアの報道を聞いていると、「経済を活性することが一番重要」、「景気をよくしなければ、生活がよくならない」 という話ばかりだ。

 経済や経済学というものは、人々の生活を豊かにするために作られてきたものだと私は思っている。

 にもかかわらず、現状は 「経済を支えるため」 や 「景気を良くするため」 に多くの国民の生活が犠牲になっているように、私には見えて仕方がない。

 「国民の生活よりも、経済の活性化・景気浮揚が重要」、そういった見え方を、私はここで 『経済絶対主義』 と表現したのだ。


 では、なぜそれほどまでに政府やメディアが 「経済」、「経済」 と 『経済絶対主義』 を信じさせようとしているかと考えれば、私の行き着いた答えは一つだ。

 そう 『経済絶対主義』 は、政府や官僚・役人、メディアとそれにつながる資本家たちに、とても都合がよいからだ。

 「景気を良くするため」 という名目で、多額の税金をつぎ込み無駄な公共工事を行う。無駄な公共工事によって作られた多額の借金に苦しめられるのは、結局は国民だ。にもかかわらず、それよりも 「景気を良くすることが最重要」 と言い切る政府やメディア。逆に言えば、景気さえよくなればすべてがうまくいくと国民に信じ込ませている。

 私にはそれが正しいとは、どうしても思えない。


 では、私はどうしたいのか? 私は 「それは社会主義だ」 と言われようとも、強制的に富の再分配を行うべきだと思っている。

 もちろん旧ソ連のようにすべてを平等に分配するという意味ではない。そうではなく、格差が広がりすぎないようなシステムを作るべきだと考えている。

 起業して、成功して、富を得たとして、その富を得られたのは、なにもその起業家個人の力によるものだけではないはずだ。その起業の成功に貢献した人たちや、もっと言えば、その起業家が生活していく上で必要な社会基盤を支えている人たちがいるからこそ、なし得た成果なのではなかろうか。

 その起業家個人の才能があればこそ成功したのもまた事実なのだから、ある程度の富を手にするのは、私も当然だと思う。しかし、だからといって個人で富を独占するようなことを許すような社会システムは、やはりどこか歪んでいるように思える。

 ある程度の富の取得を認めつつも、その人のいる社会システムを支えている人たちすべてにある程度富が再分配されるようなシステムが、長い目で見て社会を安定させるのだと、私には思える。

 「努力によっていくらでも報われる社会にしなければ、社会が停滞してしまう」 というのはよく言われることだ。しかし現実には、汗水たらして休まずモノを生み出している人たちが報われず、単に試験で高い点数を取っただけの官僚が、外郭団体の役員として高額の報酬を得ている、という状況は、「努力したものが報われる」 と言えるのだろうか? やはり新たに価値を生み出している者が報われるようにするべきではないのか。


 「バブル以降、ずっと景気が低迷している」、「景気をもっとよくしなければいけない」 という話の前提は、

    「高度経済成長やバブル経済の時があるべき姿」

なのではなかろうか。

 しかし、長い日本の歴史から見ると、 「高度経済成長」 や 「バブル」 の時の方が、むしろ特別だったと考える方が自然なのではなかろうか。

 何が言いたいかと言えば、「今は景気が悪い」 と経済のせいにするのではなく、「今の状況が日本の標準的な状態である」 と頭を切り替える必要があるのではないかということだ。

 今の状況が通常の状態だと考えれば、むやみに借金をして無駄遣いをしようという考えにはならないし、今よりも効率的なお金の使い方という考えも出てくるだろう。

 もっと極端な意見を言わせてもらえば、「永遠に成長を続ける」 ことは常識的に考えれば不可能だ。ならば、人口減少をきっかけに経済規模を縮小し、経済への依存度を減らす。その代りに、食糧自給率を上げて、他国に依存しなくても生活できる環境を作るべきだ、というのが今の私の個人的な意見だ。

 だから私は TPP には反対だ。人が生きていく上で必要な食料を他人の手にゆだね、代わりに売れるかどうかわからないモノ売りやすくするというのは、どうみても割に合わない。他国に生命線を握られて、自分たちが思うようにモノを売れるとも到底思えない。また同様に、国としてのまとまりや治安を考えて、移民受け入れにも私は反対だ。

 世の中でよく見かける 「TPP や移民の受け入れは絶対に必要」 という意見の元をたどっていくと、たいていは市場原理主義者、私的に言えば 『経済絶対主義』者 に行き着く。そしてその者達は、短期的な自己利益だけしか考えてないようにしか見えない。自分の利益や都合だけを考えた意見を、さも絶対的に正しい意見のように信じ込ませようとするのは、なにも詐欺師だけとは限らない。むしろ、国の左右する権力者がよく使う手だったりする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011/01/06

バランスチェアの使い心地

 以前使っていたハイバックのリクライニングチェアが壊れてから、2年ほどダイニングチェアを使っていた。

 しかし、どうもダイニングチェアでは長時間座ってパソコンを操作していると腰に負担がかかってしまう。浅く座ってみたり、クッションを引いてみたり、多少の工夫はしてみたのだが、どうもしっくりこない。

 最近、さすがにそろそろ腰がやばそうだなと思うようになり、改めてパソコンチェアを探すことにした。

 その時にふと 『バランスチェア』 のことを思い出した。

 バランスチェアとは、座面が前傾していて、お尻と膝で体を支えるタイプのイスのことだ。通常のイスと異なり、背骨が垂直に立ち上がるため、姿勢がよくなり腰への負担が少ない、という話を何度か読んだ記憶があった。

 これまでは、リラックスするときのことばかり考えて、頭を支えてくれる高い背もたれや、心地よいリクライニングのことばかりを考えていた。しかし、考えてみれば、リラックスする時間よりもパソコンで作業している時間のほうが圧倒的に長い。さらに、リラックスするのは場所を変えて行えばよい。ならばパソコンチェアには、作業するときのことだけを考えて選べばいいのではないか、ということのようやく行き着いた。


 さっそくバランスチェアをググってみると・・・、高い・・・。本場モノは、北欧からの輸入品ということもあり、一桁高い。(4000円の安いバランスチェアを見つけた!と思ったら、実は専用カバーだったというのはナイショである。orz)

 それでも、なにかないのかと一生懸命探して、これを見つけた。

 これならば、「買ってはみたもののイマイチ」、となってもそれほど痛くはないかな、と思い、買うことにした。逆に、このイスが効果的だと確認できたら、次により本格的なものを買えばよい。


 モノはすぐに届いた。組み立ては、30分もかからずに終わった。

 座ってみる。なかなかよさそうだ。とはいえ、この手のモノは、短時間では良し悪しが判断できない。ある程度の期間使い続けてみて、だんだんと良し悪しを判断できるようになる。


 買ってから1ヶ月以上経過した。そしてこの 『セーフティチェア』 を、私は使い続けている。

 セーフティーチェアを使い続けて感じているのは、

    「確かに腰への負担は、ダイニングチェアよりも、少ない」

ということだ。

 ただし、廉価な製品ということで、使い続けるうえで不満な点も多い。具体的にあげると、

  • 座面が固い。長時間座っているとお尻が痛くなる。
  • 膝面が固い。長時間座っていると、膝がしらが痛くなる。
  • 座面から膝面が遠い。膝面に膝をつくと、お尻が座面の前のほうにひっかかる感じになる。
  • キャスターによって簡単に動きすぎる。

といった点だ。

 そこで、私は簡単な手を加えることで、上記の不満点を解消して、このセーフティーチェアを使い続けている。

1. キャスターの取り外し

 ふらふらと落ち着きがなくなるため、キャスターを取り外した。

 そのままだとフローリングに傷をつけそうだったので、フェルトのクッションシールを100円ショップで買ってきて、セーフティチェアの床に接する部分に張り付けた。これでセーフティチェアを移動させても、床を傷つけず、大きな音も立てない。

2. 座面にクッション

 座面にくたびれてせんべい布団状態になったクッションを乗せた。

 座面にはもともとスポンジが組み込まれているので、それほど厚いクッションは必要なかった。ぺちゃんこになったクッションでも十分に効果がある。ただ乗せただけだとすぐにずり落ちてしまうので、荷造り用のひもで座面に縛り付けてある。

 キャスターを取り外して座面の高さが下がったので、クッションを座面に乗せても、座面が高くなりすぎることもない。

3. 膝面に低反発枕

 膝面には、ヘタレて使わなくなった低反発枕を乗せた。

 低反発枕の横幅が、膝面のサイズとほぼ同じだったため思いついた使い方だ。

 低反発枕を置くことで、膝がしらが痛くなることもなくなった。さらに、座面と膝面の距離が縮まるため、座面にもどっしりと座ることができるようになった。


 使っていて気が付いたのは、

    「セーフティチェアに座っている感覚が、正座しているときの感覚に近い」

ということだ。しかも正座と違い、足を圧迫して血の巡りを悪くすることもないため、楽に座っていられて、立つときに足がしびれて立てないcoldsweats01ということもない。

 多少工夫して使う必要があるものの、このセーフティーチェアはなかなか良い買い物だったと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »