« 大相撲の八百長は食品偽装と同じだと思う | トップページ | Windows7 SP1 が、エラー 0x800F0A13 でインストールできない »

2011/02/16

安納芋 我が家のお気に入り

 ここしばらく “安納芋” が我が家の常備食になっている。

 もともとカミさんがサツマイモ、特に焼き芋が好きだった。なので、これまでも安売りを見つけては、サツマイモを買っていた。

 ただ、店頭で売られているサツマイモの多くは、“ベニアズマ” という品種で、特価品として売られているモノは焼き芋にしてもそれほど甘くない。トラックなどで売られている “石焼き芋” によく使われている “鳴門金時” をイメージしていると、どうしても見劣り(味劣り?)してしまう。 

 ある日、楽天からのダイレクトメールに 『甘い』 とされる “安納芋” が 「訳あり品」 として安く売られているのが目についた。ランクを維持するために利用回数を稼ぐ必要があったため、カミさんも喜ぶと思い、1セット購入することにした。

 これが思いのほかスマッシュヒットとなった。

 オーブンレンジを使い、250℃で小さいものなら30分、大きいものだと80分ほど焼くと、中から蜜が噴き出すほどにねっとりとした焼き芋となった。

 “安納芋” の売り文句に使われている 「糖度40度」 というのは、いささか疑問の残るところではあるが、それでも店頭で買ってくる安いベニアズマとは比べ物にならない甘い焼き芋ができた。

 もちろんカミさんは大喜びだ。数個まとめて焼いては、1日に小さいものなら1つ、大きいものだと半分ずつ、ちまちま食べている。そして食べ切るとまた数個まとめて焼く、を繰り返している。なので、今の我が家の冷蔵庫には常に焼き芋が1~3個保管されている状況だ。

 最初に買ったセットを食べ終わると、すぐに次のセット、今度は少し多めのセット、を注文した。それも間もなく食べきろうとしている。今は、3つ目のセットをいつ注文しようか考えているところだ。

 ちなみに我が家が使った楽天ショップは、以下の2店舗だ。

    
安納芋通販たねがしま屋            

安納芋通販たねがしま屋

 残念ながら、この記事を書いている時点では下の店舗の “安納芋” は売り切れてしまったようだ。

 2回目の購入前には、クチコミをチェックして、クチコミ数が多くかつ低い評価の割合が低いところを選んだ。

 文句を言う人というのは必ずいるので、低い評価がまったくないということはありえない。それでも低い評価の割合が低い方が、はずれをひく確率も低いだろうと考えてのことだ。

 低い評価をした人のコメントで、特によく目についたのが 「筋ばかりで食べられない芋があった」 というものだ。

 農作物なのだから、食べてみてはじめて本当の品質かを知るこができる。当然、「食べてみたら、食べられたものじゃなかった」 というのはありうることだ。それでも、そういった書き込みの割合が少ない店舗および商品であれば、それなりに商品の質が安定しているだろうと考えた。

 幸いにして、2回目の購入にも問題はなかった。


 昨年に収穫された芋も、そろそろ在庫がなくなり始めているようだ。安い在庫があるうちに、もう1セット買いだめしておこうと思う。   

|
|

« 大相撲の八百長は食品偽装と同じだと思う | トップページ | Windows7 SP1 が、エラー 0x800F0A13 でインストールできない »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/50886416

この記事へのトラックバック一覧です: 安納芋 我が家のお気に入り:

« 大相撲の八百長は食品偽装と同じだと思う | トップページ | Windows7 SP1 が、エラー 0x800F0A13 でインストールできない »