« 米パンをとりあえずレシピ通りに作ってみた | トップページ | ご飯パン作りのアレンジ (分量編) »

2011/05/25

ご飯パン作りのアレンジ (ご飯つぶし編)

 前回、メガハウス “米パン” でレシピ通りにご飯パンを作った。レシピ通りに作れば、十分においしいご飯パンができるものの、個人的にいくつか気になる点もあった。

 そこで、ご飯パンを作る毎に、少しずつ作り方を変えていった。ご飯パン作りも10回を超えると、自分なりによさそうだと思える手順が、だいぶ見えてきた。

 今回から何回かに分けて、私が実際にやっている 『ご飯パンの作り方』 を紹介しようと思う。


 最初行う ご飯のつぶし方 から、アレンジしている。

 米パン のレシピには、

  • 150g のご飯を全量を一度に投入
  • ポットのハンドルを (左に20回転+右に5回転)×6セット (約2分)
  • 多少つぶが残る程度で可

とある。

 レシピ通りに行うと、『多少』 ではなく、結構ご飯つぶが残ってしまう。また、ご飯 150g 全量を一度に処理すると、すりつぶすためのハネから半量程度のご飯がはみ出してしまい、つぶされずに残るご飯の量がけっこう多い。

 ここで一度発想を変えて実験してみた。

  • ご飯つぶが残らないくらいに徹底的にこねる
  • ご飯つぶをつぶさない

のどちらが、よりおいしい ご飯パン が作れるか、それぞれ2~3回ずつ試してみた。

 結論から言うと、『ご飯つぶを徹底的につぶした』 ご飯パンのほうが、私にはおいしく感じられた。

 徹底的につぶした ご飯パンは、全体的にもっちりしていて、ご飯の甘みもより強く感じられた。それに対して、ご飯つぶを残したほうは、食感にむらがあるように感じられ、ご飯の甘みも少ないように感じた。

 そこで私は、ご飯つぶを徹底的につぶす形にアレンジをした。

 具体的には、150g のご飯を3回か、できれば4回に分けて、ご飯つぶをつぶしていくようにした。1回に投入するご飯の量を50g以下にすると、下の写真のように、すりつぶしているときにハネからご飯つぶがはみ出さない。

2011052401 (クリックで拡大)

 1回のご飯の投入で、

    ハンドルを (左に20回転+右に5回転)×2セット

回せば、たいていほとんどのご飯つぶがつぶれてくれる。

 つぶしたご飯はかき集めて、いったんポットの外に出す。そして、次の50g以下のご飯を投入する。

 ちなみに、ご飯をかき集めたり、取り出したりするのは、“しゃもじ” が有効だ。特に表面にディンプルがあり、ご飯がくっつきにくい素材のものは、つぶした後のご飯もくっつきにくい。私は、100円ショップで買った大小2本組のしゃもじを使っている。

 こうやって、150g のご飯を数回に分けて、すべてのご飯をすりつぶした後、ポットに全量を戻す。白玉のようなご飯団子が、ポット内に3~4個転がっている状態になる。

(つづく)

|
|

« 米パンをとりあえずレシピ通りに作ってみた | トップページ | ご飯パン作りのアレンジ (分量編) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/51760736

この記事へのトラックバック一覧です: ご飯パン作りのアレンジ (ご飯つぶし編):

« 米パンをとりあえずレシピ通りに作ってみた | トップページ | ご飯パン作りのアレンジ (分量編) »